エコカー減税の適用車(適用基準)

燃費

近年では、自動車を購入する際に、エコカーの購入を検討する人が多くなっています。
エコカーには、これまでの自動車とは異なる大きなメリットがあるため、メリットを有効に活用しようとする人が出てきたのです。
最も大きなメリットとなっているのは、エコカー減税の適用があるということです。
さまざまな減税措置が設けられている世の中ですが、エコカー減税を有効に活用することで、費用の節約を図ることが容易になります。気をつけなければならないのは、どの自動車でも適用されるわけではなく、適用車が決められているということです。適用車であるかどうかを確認してから購入しなければなりません。
数多くのエコカーが登場しているので、それぞれをしっかりと比較して決める必要があります。
エコカー減税が適用される基準について、きちんと確認することが大切です。基準を満たしていない場合は、エコカー減税のメリットを受けることができず、得になりません。

エコカーの特徴とメリットについて

エコカーはエコロジーカーのことで、無公害車、低公害車のことを指します。大気汚染物質の排出が少ないため、環境にやさしい自動車とされています。
具体的には、ハイブリットカーや電気自動車、燃料電池自動車や天然ガス自動車などが該当します。国土交通省が定める排出ガスと、燃費の基準値をクリアした自動車を購入すると、優遇税制、いわゆるエコカー減税の対象となります。
自動車重量税と自動車取得税が、免税または減税されます。
従来のガソリン車に比べて、次のようなメリットがあります。
まずは大気汚染の原因となる排出ガスが少ないということがあげられます。
また石油以外のエネルギーを利用することができるため、その資源が守られるとともに、地球環境にやさしい車であるといえます。
またハイブリットカーなどは、燃料としてガソリンと電気を利用するため、ガソリンの利用が少なくてすみます。その分、経済的な負担が軽減されるというメリットがあります。
また走行中の振動や騒音が、少ないということも大きな特徴です。最近第4のエコカーとして注目されているのが、クリーンディーゼル車です。
走行時の二酸化炭素の排出量が少なく、また従来のディーゼル車に比べて、粒子状物質や窒素酸化物の排出量も少なくなっています。
またガソリン車と比較しても、2〜3割燃費が良いということも大きな特徴です。
まだ車体価格は高額な印象がありますが、今後注目すべき自動車といえます。

check

カーテンのスタイル
http://www.c-deco.jp/
映像制作
http://plus1-movie.com/
テディベア
http://www.hermann-teddy.jp/
ダイヤモンド 買取
http://dia-kaitori-1bankan.com/
貴金属 買取 価格
http://kikinzokukoukakaitori.com/

最終更新日:2016/4/6

ページトップ▲